ITエンジニアに資格はいらない?

エンジニアの仕事をするのに資格って必要?
いらないって言われたけど本当?
インフラエンジニアである私は
資格は絶対あった方がいいと思っています。
初心者の時ほど、資格の効力は高いです。
実際、私は資格を取得したことで自分のキャリアアップに多いに役立ったと思っています。

資格っていらないの?

資格なんてあっても無意味、という人は
すでにある程度技術力がある人ではないでしょうか。
私の職場でも資格を一つも持ってないベテランさんはちらほらいます。
資格を取ってみたら?と言ってみても、
めんどくさいからいい(=いらないと思っている)、と言われます。

資格試験はペーパーベース、もしくはコンピューターベースのテストであることが多く、
資格=技術力の証明とは必ずしもなっていません。
資格を持っていることが実務経験の多さを証明するわけではない、
仕事ができるかどうかを証明するわけではないことから、
仕事ができるかどうかを証明したい場合は資格は不要です。
では、資格はどんな目的のためであれば有効か。

私が資格取得をおすすめしたい人たちというのは、
まだあまり経験を積んでいないけれど情熱、やる気があることをアピールしたい人、
もしくは、経験が少ないながらも高い技術力を身に付け、
転職をしようとしている人です。
以下、もう少し詳しく説明していきます。

資格は自主性のアピールになる

毎年、毎月、ITエンジニアの第一歩を踏み出す人はたくさんいます。
今のあなたのお仕事がIT系ではなかったとしても、少し考えてみてください。

自分がやっている職場に新しく新人さんを入れることになりました。
候補は2人いて、2人とも未経験ですが、
やる気だけは誰よりもあります!と言ってくれています。
Aさんは入社後、会社の研修を修了させて来た人、
Bさんは会社の研修を修了させ、すでに資格を取得した人です。
どちらの人に入ってもらいたいですか?

どちらかといったらBさんではないでしょうか?
なぜなら、やる気があります!と言うことは誰にでもできますが、
Bさんはやる気がありますと言っているだけではなく、
資格取得という形で実際に行動していることを示しているからです。

これは、配属当時だけではありません。
配属後半年、1年経っても、資格を取得する人としない人では、
やる気に対する周囲の評価は取得する人の方に寄ります。
仕事をしながら資格を取得している時点で、
仕事中以外の時間も少なからず勉強していることを意味するからです。

極端な話、仕事ができなくても資格を他の人よりもがんばって取っている人というのは、
やる気が無いから仕事ができない人、ではなく、
がんばっているけど仕事ができるようになるペースが遅い人、
というように認識され、多少フォローが必要でも周囲に受け入れられていたりします。

よって、新しい分野の仕事を始めたばかりの人ほど
資格を取得することは周囲へのアピールになって効果的だと考えています。

IT分野全体の理解度を向上させる

資格の勉強はあくまでも机上の話ですので、
経験が何よりものを言うIT業界においては資格なんて、と言われてしまうこともあります。

そうは言っても、始めたばかりで経験が無い初心者の人にとっては
仮に机上の勉強であっても大いに役立ちます。
最初の頃というのは、意味不明な言葉の嵐ですし、
とりあえずやってと言われたことをこなしてはみるものの、
それをやることが一体何を意味しているのか理解できていないこともよくあると思います。

そんな時、勉強を平行して進めていると、
この仕事ってこういうことだったのね、
この用語ってこういう分野の話をする時に出てくるよね、
と非常に理解が進み、仕事が身につくペースが早くなります。

私も配属後1年くらいはひたすら資格の勉強をしていました。
習いたての用語が出てきたり、教科書に載っていたプロセスが出てきたりして
とても楽しかったですし、
逆に勉強していてわからない用語が職場で出てきた時、
それを先輩に聞くことで勉強の方の理解が進むということもありました。

結論として、資格の勉強をすることで仕事の予習のようなことができますし
(実際、当時は役に立たなくても
仕事を続けるうちに携わるようになることもよくあります)、
座学(資格勉強)とハンズオン(仕事)を平行してやると効果的というのは
言うまでもないことだと思いますので、
絶対やった方がいいです、というのが私の意見です。

達成感を得る、モチベーションアップにつながる

資格は取得した方が良い3つ目の理由は、資格を取得できた時の達成感が
モチベーションアップにつながるからです。

大人になると、褒められる機会ってすごく減りませんか?
自分が日々やっていることの中で明確に点数が出て、
できるようになったことを示してくれることって
あまり無い気がします。
学生の頃はそうやっていちいち点数を付けられることに
反感を覚えたりもしたわけですが…。

日々の業務も、きっと日に日にできることが増えていると思うのですが、
OJT担当者が慣れていない人だったり、自分の業務も忙しかったりすると
〇〇ができるようになったね!〇ヶ月前より向上しているね!なんて
あまり言ってくれなかったりします。

自分の努力が実を結ぶところをわかりやすく確認できるものって
あまりないんですよね。
そんな中、わからないながらも勉強を進めて、
どんなに簡単な資格でも合格するととてもうれしいものです。
これでいいのかな~、できるようになっているのかな~というもやもやした気持ちに
ある側面からのみかもしれませんが、明確な「OK」がもらえるからです。

また、こちらの記事にも記載した通り、
資格取得は多くの会社で支援してくれる制度があります。
取得することで一時金がもらえたり、教材のキャッシュバックなどもあります。
がんばって合格することで、スキルアップにつながる、
達成感も味わえる、関連費用も戻ってくるなら、勉強しない理由なんて無いと思いませんか?

まとめ

以上、実績の無い初心者期間ほど、
資格取得の効力は大きいというお話をしてみました。
理由はまとめると以下3つです。
・やる気アピールになるから
・実務と合わせて座学もすることでよりスキルアップにつながるから
・達成感を感じられ、モチベーションアップにつながるから

ちなみに、5年未満で(それ以上でも?)転職する時も
資格は取得しておくと大いに役立つと思います。
自分が経験した中でお伝えすると、3年目の時に情報処理安全確保支援士に受かった後は
転職のオファーが一気に増えました。
同じ〇年目、でも、できる人もいればできない人もいて、
資格があると最低でもこれくらいはできるだろうという目安になるからと理解しています。

経験が5年以上になってくると、
始めたばかりですぐ辞めてしまうかもと周りが心配することも無くなり、
経歴を話すだけで安定感が醸し出されるので
資格というのはあまりアピールポイントとして
大きな比重は占めなくなってきたな~という印象ですが、
それでも、上位資格と呼ばれる難易度の高い資格(CISSPなど)を取ると
周囲に一目置かれたりします。

とはいえ、最終的には経験が一番大事なので、
どうしてもお勉強は自分には合わないという方でしたら
サーバーを自分で立てる、スイッチやファイアウォールを自分で買って
どんどん触ってみるようなことだけでも大丈夫だと思います。

でも、IT業界に入ったばかりで資格って必要なの?と迷っている方なら、
取得するために勉強されることをおすすめします。
仮に合格までたどり着かなかったとしても、絶対に無駄になりません。
私もたいてい何かしら資格勉強をしていて、
仕事がつまらなくなってきた時のモチベーションアップにもつながっています。
ぜひ挑戦してみてください。

最近はオンラインで受験できる資格も増えてきて、
先日受験したのでご興味があればこちらも読んでみてください。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。