IT業界の派遣社員はマージン率(還元率)を気にした方が良い理由

未経験からIT業界に転職するとき、
人材派遣会社の社員として雇用されるケースがよくあります。
筆者もまずはIT業界の派遣会社に転職しました。
ただ、転職活動をしていた時は、派遣社員として働くということがどういうことなのか
その仕組みについて全く理解していなく、
入社後に非常に不幸な思い(実際は被害妄想)をしたので
わかったことをまとめてみました。

IT業界の仕事が発生する仕組み

見出しにあるほど大げさな話ではないのですが、
筆者は元々飲食店のアルバイトや介護職などの
エンドユーザと直接やり取りをするような仕事ばかりしていたため、
IT業界の仕事の仕組みを全く理解していませんでした。
本質は同じなんですけどね。

どういうことかというと、派遣社員が関係するようなIT業界の仕事は
あるプロジェクトがあって、その人手不足を補うために依頼されていることがほとんどです。
例えば、あるAという会社で新しくインターネット回線を引きたいとします。
つまり、A社がお客様です。
インターネット回線を取り扱っているB社が受注します。
しかし、B社はインターネット回線を取り扱ってはいるものの、
実際に計画をするところから回線を引くところまで実施するために必要な人員を
全員雇っているわけではありません。
これは、純粋に人手不足ということもあれば、
そもそもノウハウが十分無い場合も含みます。

そうすると、B社から人材派遣会社であるC社に、〇〇という内容の仕事があるんだけど
できる人いませんか?という声がかかることになります。
C社は、自社で雇っている社員のうち、〇〇の仕事ができる社員がいるかどうか、
また、依頼される時期を聞いて、そのタイミングで手が空く社員がいるかどうか確認します。
そのような社員がいれば引き受けますということになり、
より具体的な受注額(派遣社員費用)の交渉に入ります。

この仕組みが見えるようになってきて少し驚いたのは、
元請け会社であるB社がお客様A社から受注する時に
十分なノウハウが無くても受注することが少なくないということです。
もちろん、B社としては中身を熟知していない分リスクがあるので
リスク費としてA社への提示額に上積みすることにはなるのですが、
他社に再委託することや派遣社員としてノウハウがある人をメンバーに加えることを前提に
やったことのない仕事内容でも受注することがあります。

前述の通り、筆者はエンドユーザと直接やり取りをするような
仕事しかしたことがなかったので、
ノウハウが無いのに受注する=売っている商品を熟知していないのに売るということが
行われていることに少なからず衝撃を受けました。
それってお客様をだますことになるんじゃないか、と結構抵抗があったのですが、
IT業界というのは非常に変化のスピードが速く、
新しい技術が次々に出てくるため、実績を十分積み上げている仕事だけやっていたのでは
生き残っていけない業界なんだなと最近は納得しています。

派遣社員の費用とお給料

前提の説明が長くなりましたが、ここで本題である
派遣社員の費用と派遣社員のお給料に違いがあるという話をします。
筆者はここをあまりきちんと理解できていなかったために、
入社後に搾取されている感を強く感じてしまい、
不必要に不幸な気持ちを味わいました。
しかし、今は派遣社員には派遣社員のメリットがあることを感じており、
ここの仕組みを理解しておけば、自分の給料に納得できたと思います。

先ほど挙げた例について、今度はお金の面を見ていきます。
インターネット回線を取り扱うB社は、
お客様A社と100万円でインターネット回線を引きます、という契約をします。
そこでC社に50万円でインターネット回線を引く仕事をやってもらえませんか、
と依頼します。
お客様への出し値が100万円なのに50万円でできるのかというと、
もちろんどのくらいC社に手伝ってもらうのか、どの程度高度な技術が求められるかなど
影響してくる要素は様々ですが、結構できてしまいます
(ここに下請け会社は立場が弱い、であったり、
同じ仕事をしても利益があまり入ってこないといった社会問題が関連してくると思いますが、
ここでは良い悪いは置いておきます)。

B社は、A社へ提案している時点で提案稼働という手間がかかっています。
最近はリモートも多いですが、どのお客様へ提案するかといったリサーチの手間をかけ、
アポイントメントを取り、提案するための資料を作成し、
お客様の会社へ交通費をかけて出向いてご説明をし、
感触が良ければ見積を作り、お客様のご希望に合わせて再見積もりをし、
受注できることになれば契約の準備をし…
といった全てのことです。

B社はそういった営業活動を実施する社員を抱えていますので、
当然その費用が必要です。
また、かかった実費のみ回収していたのでは株式会社として成り立ちません。
会社としての利益を確保する必要があります。
そういった費用を確保した上で、原価はいくらまで、といった計算をします。

その額が先ほどの例のように、50万までならC社に依頼できる、となります。
わかりやすくするために、今回はC社が50万で依頼を受けてくれることになり、
派遣期間は1ヶ月、さらに派遣する社員数も1人とします。
つまり、B社からは派遣社員の費用として1ヶ月50万が支払われます。

やっとここで派遣社員個人が出てくるのですが、
1ヶ月50万って結構高い金額だと思いませんか。
以前、月収20万で働いていた筆者から見ると、そんなに払われているんだと
IT業界に転職したての頃びっくりしました。
ちなみに、派遣社員1人50万は結構安くて、
経験があって技術力が高いエンジニアの費用はもっと高いです。
これが、エンジニアはフリーランスになった方が稼げる理由です。
もちろん、フリーランスにはフリーランスのリスクがあるので
トータルで見ると高い給料にはならなかったりしますが、今回の要旨ではないので割愛します。

話を元に戻しますと、そんなわけで元請け会社から派遣会社に支払われる額は
当然派遣される派遣社員の給与より高くなります。
派遣社員にしてみれば、その金額を自分の給料にしてほしいところですが
(働いているのは自分なのに、という。。)、
先ほどのB社の取り分(100万円の受注のうち50万)で説明した話が
同じく派遣会社にも言えます。

つまり、C社も営業さん(派遣会社の商品である派遣社員の提案)の費用や
会社を運営していくための費用(事務処理、福利厚生など)が必要なため、
B社からの50万円をそのまま派遣される社員に渡していたら
会社を運営することができません。
よって、その50万円から会社として必要な分を差し引いて渡せる額というのが
その派遣社員のお給料になります。

派遣社員から見て還元率は高ければ高いほどいい

そうはいっても派遣社員として働く側からすると
B社から支払われている額にできるだけ近い額を受け取りたいということになります。
自分が受け取れる額がB社から支払われている額の何割なのかというのが
還元率のお話です。

ざっと調べてみると、一般的に派遣会社のマージン率は30%前後のようです。
ですが、IT業界に絞ってみると50%にもなるといった話が出てきました。
そんなに?と思うかもしれませんが結構実感があります。
先ほどの例の通り、B社からは50万払われていますが、
C社から派遣されるのは入りたての新米社員で、
本人の給料は18万なんてざらにある話だと思います。

じゃあどうしたらいいのということなんですけど、
これはあくまでも筆者の個人的な意見で、もっとうまくやる方法もあるかもしれませんが、
最初はそれでもしょうがないと思いました。
どの業界でもそうだと思いますが、「未経験」って本当に転職時に不利になるワードです。
とにかくこのワードを一刻も早く自分の履歴書から消す必要があります。
3ヶ月しかやっていなくても、一度でも仕事に就けば未経験ではなくなります。

筆者は30代に入っていましたので、
とにかく門をくぐらなければと、生きていけるお給料が入るなら
採用してくれる会社があればどこでもいいくらいの勢いで探しました
(こういうマインドがいいかどうかは別です)。
30代で、小さい子供がいて、未経験の人間を雇ってくれる会社は
そうそうたくさんあるものではありません。
当時はそれでも不満感の嵐でしたが、
今思えば雇ってくれただけでありがたいというものでした。

経験を積んでからが勝負

結局最初は我慢しろってことじゃん、っていう話にはなってしまうかもしれませんが、
未経験で最初から25万や30万もらえます、という仕事って
歩合制だったり、すごくブラックだったりするもの、というのが筆者の見解です。
たいていは入社当時って20万前後ですよね。
IT業界も同じで、それはスクールに通ったとしても、
実務経験が無いのにいきなり30万とかにはならないのではないでしょうか。
なので、個人的にはスクールに通うよりさっさと転職して
実務経験を積む方がコスパがいいと思ってます。

ただし、入ってからが勝負です。
できる限り全力で自分の技術力を磨いてください。
こちらで資格取得もおすすめしていますが、
入社した先で得られるメリットを最大限有効活用して、
ただ実務経験の期間だけ長いということが無いようにしてください
(偉そうなことを言ってますが、筆者もまだまだです。。。)。
そして、実務経験と技術力の両方を身に付けたら、別な派遣会社なり
うまくいけば元請け会社に転職です。

IT業界では転職は悪ではありません。
当然まともな理由は必要ですが、技術力があれば転職経験=マイナスにはなりません。
ここで初めて、派遣会社を選ぶなら還元率にこだわってください。
改めて調べたことはありませんが、そんな筆者でさえ、
フリーランスになれるようなレベルのエンジニアばかりを集めたような
派遣会社を数社知っています。
そういう会社ですと、還元率は70%から場合によっては90%のところもあるとか。
70%だとしても、元請け会社からの費用が1ヶ月100万だとしたら、
派遣社員の給与は70万です。
ここが派遣社員の最大のメリットだと筆者は考えています。

仮に元請け会社に入ったとしても、1ヶ月50万以上稼ぐにはそこそこ出世する必要があります。
でも、派遣社員で還元率が高い場合は、出世する必要はありません。
技術力を上げることや、派遣先に満足してもらえる仕事をすること
(とはいえ、ここが派遣社員としての大きな注意点です)に集中できます。

まとめ

ちょっと散らかってしまいましたが、
やるべきことは、実力を付けたら転職しましょう、です。
どの業界でも当たり前かもしれませんが、
例えば飲食業界で転職する・出世するとなると店舗で働いているだけではダメで、
店長になったりする必要がありますよね。
ですが、エンジニアの場合はそういったことは不要で、
駆け出しからベテランになって給料アップさせるまで
必要なのは技術力を上げることです。

もう少し正確に言うと
プロジェクトを推進するプロジェクトマネージャーやリーダースキルがあると…
などなどの話もあるのですが、技術力を上げていくだけでも
お給料をアップさせることが可能な業界です。
お客様と喧嘩ばかりするようなトラブルはまずいですが、
多少コミュニケーションを取るのが難しくても
技術力があると一目置かれるというのは
人によってはとても大きなメリットではないでしょうか。

最初はどうしても少し大変なこともありますが、
技術力で食べていきたいという人にはぴったりだと思います。
何かの参考になれば幸いです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。